後悔しない! 納得のいく自分らしいブライダルメイクのオーダー方法とは?

ブライダルメイク

 

晴れの日のメイクといえば、いつもより“ちょっと濃い目”が当たり前でみんな似たような感じ…。
そんなことありませんよ!最近はそのスタイルも十人十色。お決まりのブライダルメイクじゃない、自分らしさもしっかり出した納得のいくスタイルをオーダーしませんか?

 

■ブライダルのシーンでもしっかり映えるナチュラルメイク

普段のお化粧は薄めだから、しっかりメイクはそわそわしてしまう…。

そんな方は遠慮なくヘアメイクの方に言いましょう!説明するのが難しかったら好きなメイクの画像や、ブライダル雑誌の切り抜きを持っていくと伝わりやすいです。ただ、あまりに薄いのは主役の華やかさに欠けてしまいます。ブライダルのシーンに合わせたメイクなので、多少の濃さは受け入れて、華やかな衣裳とのバランスを取ってあげましょう。

 

 

■豪華だけどツヤ感のある上品メイク

もともとお化粧はしっかりしたい派。でもキツく見えがちだから花嫁らしさもプラスしたい…。

普段からしっかりお化粧をする方なら、スタイリストに伝えてすっぴんではなく普段のままリハーサルに行くのも一つの手です。
いつもの好みの濃さを一度見てもらえば、より理想の形を把握しやすくなります。
あとはブライダルのプロに任せて、新婦らしい“ツヤ感”や“やわらかさ”をプラスしてもらいましょう。

 

 

■新しい自分に出会うきっかけに

そもそもお化粧自体に全く興味がない…。

特にこだわりがない方なら、せっかくの機会にヘアメイクさんお任せで、似合うメイクをしてもらうのもおすすめです。
リハーサル付きで本格的なフルメイクやフルセットをしてもらう機会は、なかなかありませんよね?
毎日見ている顔も、ブライダルのプロからすると「こんな感じが似合いそうだな。」など新しい見方で似合うものを提案してくれるはず。
結婚式をきっかけに見たことないステキな自分に出会えたらなんだか嬉しいですよね。

また、新郎さんもブライダルのシーンに合った“身だしなみメイク”をしてもらうと良いでしょう。
お互いにいつもとちょっと違う姿に変身したら、より特別な気持ちになれますね♪

 

 

ブライダルのスタッフ中でも、ヘアメイクはプランナーなどに比べて打ち合わせの回数なども限られてしまいます。
打ち合わせの前にこの記事を思い出しながらしっかり伝えて、理想の姿で当日を迎えてださいね。

 

 

マリエール太田

ブライダルフェアに行ってみよう!