教会式でのドレスの見え方が変わる! ウェディングベールの選び方

ウェディングベール

 

結婚式の衣裳選びが済むと、選んだウェディングドレスに合わせて小物を決める打ち合わせがあります。

 

ネックレスやグローブなど様々なアイテムがある中で、挙式中のイメージを最も左右するアイテムがウェディングセレモニーに欠かせない「ベール」です。

 

ただ、一口に「ベール」と言ってもその長さやデザインは様々。

せっかく選んだウェディングドレスですから、ベールを合わせた状態も納得のいく素敵な姿でいたいですよね?

 

 

 

■様々な長さでウェディングの見え方も変わる!

 

一般的には長いベールほどエレガントでゴージャスな印象にしてくれ、短いものほどスッキリ可愛い印象になります。

 

同じ衣裳でも、腰元までのシンプルなベールをつければ裾周りはウェディングドレス本来のデザインを楽しめます。反対にレースのついたロングベールを合わせれば元々のデザインにさらにレースがプラスされ、裾もゴージャスな雰囲気になります。

同じ衣裳でも、ベール一つでウェディングシーンの印象が変わるのです。

 

 

 

■時にはアフターセレモニーで違う衣裳に見えるほど!

 

ベールを利用して、1着の衣裳で2着に見えるような代わり映えをさせる花嫁さんもいます。

 

ウェディングドレスのトレーン(後ろの裾)は短めで、そこにあえて裾よりも長いベールをつけます。

すると、ウェディングセレモニーの時は後ろ姿もゴージャスに。アフターセレモニーでベールを外して登場すれば、裾は短くなりドレスラインも変わって見えます。

1着で2倍ドレスを楽しんでもらう、ベールを使った裏技です。

 

 

 

■どう見せたいかで選ぶ!

 

こだわりたい方は、その素材感や透け感も注目してみると面白いです。

ベールのベースは “チュール素材” でできているのですが、目の細かいチュールは白っぽく見えることが多いので、つけてみるとふんわりスモークがかかったような幻想的なコーディネートになります。

逆に目が粗めのチュール素材ならば、透け感があるのでウェディングドレス本来のシルエットがよく見えます。

 

*デザインを邪魔したくない場合*

ショートベールでデザインの控えめなシンプルなものがオススメです。

 

*ゴージャスに見せたい場合*

ロングベールでレースなどのデザインが入ったものがオススメです。

 

*ふんわりとした雰囲気にしたい場合*

目の細かいチュールを使ったベールがオススメです。

 

 

最近ではネットなどでも手軽に手に入るので、こだわりたい方は見てみるのも楽しいかもしれません。ただ色味の相性などもあるので、ウェディングのプロに相談するのも忘れずに。

ベールまで含めて納得の花嫁姿でウェディングを楽しんでくださいね。

 

 

マリエール太田

素敵なウェディングフォトを掲載中☆ Checkしてみる!