パーティーをより思い出深い日にするための「ドレスコード」のススメ

結婚式 ドレスコード

 

新郎新婦にとってはもちろん、ゲストにとっても思い出深い日になる結婚式は、着ていく服に迷うことが多いのではないでしょうか? 最近では、カジュアルな結婚式も増えてきたことから、ユニークなドレスコードを設けて開く式も耳にします。訪れるゲストも楽しめる結婚式にするために、ドレスコードを設けてみませんか?

 

 

「ドレスコード」を決めれば、ゲストは服を選びやすくなる。

結婚式のフォーマルなスタイルには、普段好んで着ているファッションのテイストを活かすことが難しいこともありますよね。一般的なドレスコードでは、ファーやアニマル柄は避ける、新婦と重なる白はNG!、つま先が出る靴以外を着用などルールがあります。男性も派手なスーツや靴下を控えるのが一般的とされているため、結婚式のコーディネートに悩む方は多いようです。

ルールが多いフォーマルファッションですが、ドレスコードがあることで、ゲストにとっては、結婚式に着て行くファッションを選ぶ範囲が広がります。男性なら胸ポケットのハンカチやネクタイ、女性はヘアアクセサリーなといった小物でもアレンジができるので、ドレスコードに合わせ、手持ちのドレスを新鮮なスタイルで楽しむこともできます。

 

 

色や素材など、結婚式当日が楽しみになるドレスコードを!

ピンク、ブルーなどと色をテーマにしたり、デニムなど素材で決めたりするなど、結婚式のドレスコードアイディアはいろいろ! 色の濃淡はさまざまですし、柄もののネクタイなどをアクセントにする人もいるでしょう。ドレスコードは、それぞれのファッションセンスを活かせるうえ、会場の華やかさもぐっとアップします。

ドレスコードをもとに、当日ゲストの人たちがどんなファッションをしてくるのか、考えるだけでワクワクしてきませんか?

 

 

型にはまりすぎず、新郎新婦らしいパーティーはいかが?

一生の大切な思い出になる結婚式だからこそ、新郎新婦の個性を活かしたひとときにしたいですよね。ゲストが困ってしまうような、あまりハードルが高いドレスコードを設けるのはNGです。ルールに縛られすぎずに、新郎新婦とゲストみんなが参加型の、楽しめるドレスコードで、二人らしい結婚式を作り上げてみては?

 

 

マリエール太田

素敵なウェディングフォトを更新☆ Checkしてみる!